活動内容 Content of activity

これからの活動

「乳がん看護Webセミナー ベーシックコース」のお知らせ

乳がん看護Webセミナー 乳がん看護Webセミナー

内容
このベーシックコースは、乳がんの診断と初期治療および看護に焦点をあて、24回(15分/回)に分けてweb上で画像と音声による講義をします。乳がん看護に携わり始めて1~3年程度の看護師の方や、乳がん看護認定看護師を目指す方が対象です。経験豊富な乳がん看護認定看護師が、基本的な知識だけでなく、臨床実践に活かせる具体的なケア方法を事例でご紹介します。皆様のご参加をお待ちしています。(なお、本セミナーは、2015年9月~2016年3月末に配信した講義と同じ内容です)
目的
看護師が、個々の乳がん患者の状況を的確に捉え潜在的・顕在的ニーズのアセスメントに基づく看護の実践をするためには、最新の知識が欠かせません。このベーシックコースでは、乳がんの診断・初期治療・看護についての基本的な知識を習得し、臨床実践での疑問や困難の軽減を図り、さらには、乳がん看護への関心や取り組みの拡大を目指しています。
特徴
2016年4月15日に全24回のプログラムを配信します。2016年9月末まで、パソコン、スマートフォン、 タブレット端末など、ネットでいつでも視聴できます。
乳がん看護Webセミナー チラシPDFのダウンロードはこちら
プログラムの概要
タイトル 内容
1 乳がん初期治療の流れ 初期治療の考え方、乳がん治療の時間経過
2 診断までの検査と看護 診断に必要な検査と看護のポイント
3 病名告知時の看護 乳がんと告知をされた患者・家族への関わり方
4 初期治療選択時の看護 初期治療の選択に悩む患者への意思決定支援
5 手術を受ける患者への看護① 主な術式、入院時のアセスメントと看護のポイント
6 手術を受ける患者への看護② 術後の看護(初めて創部を見る患者へのケアなど)
7 手術を受ける患者への看護② リハビリテーション、患者の生活に応じた退院指導
8 リンパ浮腫予防の看護 リンパ浮腫予防の指導のポイント
9 手術後の治療方針 病理レポートの読み方と術後治療選択への支援
10 化学療法を受ける患者への看護① 術前/術後の化学療法のレジメンと有害事象
11 化学療法を受ける患者への看護② 血管外漏出、アレルギー症状などリスク管理と看護
12 化学療法を受ける患者への看護③ 骨髄抑制、脱毛、末梢神経障害などのセルフケア支援
13 内分泌療法を受ける患者への看護 閉経前と閉経後の薬剤の違いと看護のポイント
14 放射線療法を受ける患者への看護① 放射線療法の実際、治療開始までの看護
15 放射線療法を受ける患者への看護② 放射線皮膚炎の予防など治療経過に沿うセルフケア支援
16 乳房の変形・喪失への看護 ボディイメージの受容を促す看護
17 乳房再建術を受ける患者への看護① 乳房再建の種類と特徴、情報提供と意思決定支援
18 乳房再建術を受ける患者への看護② 乳房再建術後の看護と日常生活上の指導のポイント
19 子どもへの伝え方・かかわり方 子どもの事で相談を受けたときのアセスメントと支援
20 就労支援 看護師ができる乳がん治療と仕事の両立支援
21 生殖と乳がん治療 乳がん治療の生殖への影響、妊娠中の乳がん患者への看護
22 セクシュアリティへの支援 乳がん治療とセクシュアリティ、患者・パートナーへの支援
23 日常生活に関する情報提供 食事や飲酒などの質問への対応
24 コミュニケーション 乳がん患者に寄り添うコミュニケーション
対象
乳がん看護に携わる看護師、乳がん看護認定看護師の資格取得を目指す看護師、乳がん医療に携わる医療関係者
受講期間
2016年4月15日~2016年9月末まで
受講料 (全24回分)
個人申込:日本乳がん看護研究会会員・賛助会員 3000円、非会員 4000円
グループ申込:15,000円(6名まで)

※ グループ申込は、会員・賛助会員・非会員を問いません。グループの代表者の申込手続き後に、6人分のIDを発行します。その後、受講希望の方には、おのおの受講登録の手続きをしていただきます。受講登録後に受講を中止しても、別の方への交代はできません。受講を希望しない方でもグループの代表者としてお申込みいただけます。個人申込後はグループ申込への変更はできません。

※キャンセル料
個人申込の場合、IDとパスワードを取得し、本セミナーへログインした後は受講料の100%、ログイン前は受講料の50%をキャンセル料として差し引いて返金いたします。 グループ申込の場合、受講者1名以上がログインした後は受講料の100%、全員がログインする前は受講料の50%をキャンセル料として差し引いて返金いたします。 返金の際の振込み手数料は受講者の負担といたします。
申込方法
下記サイトから受講申込をしてください。
http://www.jabcn-webseminar.jp
申込受付期間
個人申込:2016年4月1日~2016年8月末まで
グループ申込:2016年4月1日~2016年7月末まで
定員
1000名
認定看護師の資格更新ポイント
日本看護協会認定部に問い合わせましたところ、次のような回答です。
【「乳がん看護Webセミナー」は認定看護師を対象としていないため研修実績及び研究業績等申告表の「研修プログラムへの参加①」(2点)で申請することが可能です】
したがって、乳がん看護Webセミナーでは、認定看護師の方も受講対象としていますが、認定看護師に限定したセミナーではないため、2点で申請することが可能です。
主催
日本乳がん看護研究会
後援
日本がん看護学会
講師
荒堀有子:市立釧路総合病院 看護部
井関千裕:千葉大学大学院看護学研究科
大野朋加:千葉大学医学部附属病院 看護部
金澤麻衣子:東北大学病院 看護部
武石優子:平鹿総合病院 看護部
監修
阿部恭子:千葉大学大学院看護学研究科
池田 恢:堺市立総合医療センター 放射線治療科
鈴木正人:国立病院機構 千葉医療センター 乳腺外科
企画・制作
<乳がん看護webセミナー実行委員会>
阿部恭子(委員長)、荒堀有子、井関千裕、大野朋加、金澤麻衣子、武石優子  
調査へのご協力のお願いについて
本セミナーに関連して、日本乳がん看護研究会乳がん看護Web セミナー実行委員会より、受講者の皆様に、調査へのご協力をお願いする場合がありますのでご了承ください。なお、調査へのご協力は自由意思であり、ご協力いただかなくとも何ら不利益はありません。
問合せ先
Webセミナー運営事務局:株式会社 ヴィゴラス・メド内
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-9銀座スワロービル7B
TEL:03‐6228‐6395  FAX:03‐6228‐6396
E-mail:info@jabcn-webseminar.jp

第12回 日本乳がん看護研究会のお知らせ

謹啓
皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。第12回日本乳がん看護研究会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

謹白

第12回日本乳がん看護研究会
会長 瀬畑善子(神奈川県立がんセンター)

会 期:平成28年11月12日(土) 9:55~16:30 (9:30開場・受付開始)
会 場:日本教育会館 8階 第一会議室 (東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2)
テーマ:「乳がんとともに”その人”を支える看護」

プログラム
9:55-10:00 開会挨拶
10:00-11:00 教育講演 1
テーマ 「乳がんと遺伝-あなたらしい選択に寄り添って-」
演者  山内 英子 (聖路加国際病院 乳腺外科 部長)
座長  国府 浩子 (熊本大学大学院 生命科学研究部)
11:00-11:30 教育講演 2
テーマ 「遺伝性乳がん卵巣がん症候群への看護
      -十分な情報提供と意思決定支援-」  
演者  大川 恵 (聖路加国際病院 看護部) 
座長  瀬畑 善子 (神奈川県立がんセンター 看護局)
11:30-11:45 総会
12:00-13:00 ランチョンセミナー (昼食付)
(共催:中外製薬株式会社)
13:00-13:30 個別相談会(事前申込制)
13:30-14:50 一般演題
15:00-16:25 ケースカンファレンス
ケース1 「遺伝性乳がんの可能性がある初発乳がん患者へのかかわり」
ケース2 「再発乳がん患者へのかかわり」
16:25- 閉会挨拶

上記プログラムは、変更になることがありますのでご了承ください。
詳細なプログラムは、7月上旬に、当サイトでご紹介します。

アクセス
・ 地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
・ 地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
・ 東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
・ 東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
・ JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分
アクセスの詳細は こちらをご参照ください。
プログラムの紹介
● 教育講演は、遺伝性乳がん卵巣がん症候群など、乳がんと遺伝に焦点をあてています。患者さんから、乳がんと遺伝の関係について、遺伝子検査を受けるかどうか、治療選択をどのように考えるかなどの質問がある場合に参考になる内容です。

● 一般演題は、実践報告、調査・研究、症例報告など乳がん看護に関する全般の発表を受け付けます。

● ケースカンファレンスは、遺伝性乳がんの可能性がある初発乳がん患者と再発乳がん患者の2事例について、参加者とディスカッションし、明日の看護に役立つヒントや新たな学びを深める企画です。なお、事例の募集はありません。

● 個別相談会は、患者ケア、キャリアアップ等についての相談を、乳がん看護認定看護師、看護教員等がお受けします。(事前申込制です。「参加申込」の際に、申込みをして下さい。)
参加申込
270人の定員制です。申し込み受付期間 2016年4月1日~11月4日まで。先着順。
会員・非会員とも、必ず、こくちーず内のサイトから「参加申込」をお願いいたします。
こくちーず内のサイトはこちらです。
参加申込後、参加費の「事前払込」もしくは「当日支払」をお願いします。
振込先等は、「参加申込」ののちに返信メールでご案内します。なお、yahooメール・Gmail等の場合、当方のメールが「迷惑メール」フォルダに格納される可能性があります。必ず、「迷惑メール」フォルダをご確認ください。
参加費
事前払込
会員 4000円  非会員  5000円
(8月31日振込分まで有効です。9月1日以降は当日扱いとなります) なお、研究会当日は必ず振込票控をご持参下さいますようお願いいたします。
当日支払
会員 5000円  非会員  6000円
入会申込方法
入会手続きには、約1か月要します。入会希望の方は、6月末までに入会申込、ならびに、
年会費の振込をお願いします。

【入会方法】

こちらをご参照ください。
正会員の年会費は、3000円です。看護師等の医療関係者は正会員です。
入会申込後、2週間以内に事務局より年会費の振込方法をご連絡します。事務局での振込の確認には、2週間程度要します。その後、会員番号をご連絡します。
演題申込・抄録作成要領
下記よりダウンロードしてください。
・演題申込について(PDF)
・演題申込書(WORD)
・抄録作成要領(PDF)
・抄録の作成方法(PDF)

<お問合せ先>
第12回日本乳がん看護研究会 事務局
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院看護学研究科 附属看護実践研究指導センター
認定看護師教育課程内 阿部恭子
TEL・FAX 043-226-2783
E-mail:info@jabcn.jp

過去の活動報告